お気楽berry

アクセスカウンタ

zoom RSS あれから2年

<<   作成日時 : 2013/03/11 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あれから2年
きょうはあの日と同時刻同場所でその時をすごしました。
その場所__怖さがよみがえってきて、しばらくは足をむけなかったのですが
きょうはあえて、この日だからこそと思いいってみました。

2年前のあの日はリクママとその場所にいて、とても怖い思いをしましたが
リクママと一緒でよかった。。。。と今振り返ってみて思います。
二人でお店をとびだして直後そのお店が停電になり、
しゃがみこむ駐車場では車があちこちでバウンド状態。。。。。

震える足での帰り道、
信号がとまってしまったバイパスをわたるときの怖さ
帰り道のビルの壁の崩壊を横目でみて、
家からとびだしてぼうぜんとしている人たちとことばをかわしながら。。。。。
あの時一緒にいてくれてありがとう、リクママ

あの日のことはまるで昨日のことのようにしっかり、はっきりおぼえています。
アニたちともかたりあいました。
あの日の寒さ、夜外にでてみてのほんとうの闇の怖さ、
停電でろうそくの火をたやさぬよう、その揺らめきに暖かさと安心を感じ、
電波がとぎれそうになるラジオの情報ではじめて知った津波の被害に
驚き。。。。。。
くりかえしおそってくる余震におびえ、
台所で家族みんな肩よせあって、一晩
一睡もせずに励ましあい、不安を少しでもやわらげようと
しゃべり続けすごした長い長い一日。。。。
その後の日々。。。。。。。

一週間後かわりはてた姿でみつかった先輩の衣味子さん、知り合いの深雪ちゃん。。。。。
きょうは静かに黙祷をしました。

長かった2年なのか、短かった2年なのか。。。。。。。。

きのう、きょうとテレビではこぞって報道しています。
仙台は復興バブルでにぎわってるとききますが、
やはり県内は交通の便もよろしくないし、問題がたくさんあって
なかなか思うようには進んでいないのが実情

色々報道されない地元の人たちの心の声も聞こえてきますが、
たぶんそんな声は中央には全然届かない声。。。。。。

日常におわれて、人々の記憶から薄れていくということは
忘れられるということは。。。。。
一番復興のおくれにつながること。。。

どんどん事あるごとに現状をつたえてほしいと思います。
復興が終わるその時まで。。。。。。。

生かされた命、
私がやるべきことはなになのか
何ができるのか、
誰かのために生きたい。。。。。
そう思います。

次世代、もっとその先へ
続けていくべきものだから。。。。。
しっかりと前へ、前へ・・・・・・

明日からまた新たな一年だ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれから2年 お気楽berry/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる